手軽にクレジットカードのショッピング枠を現金に換えたい、そんな時は専門業者の活用が有効です。
ネット上で運営している専門業者を利用すれば、自宅にいながら最短10分や15分など素早く現金化を完了させることができます。
ただ、安心して現金化の手続きを進めるためには優良店を選ぶことが大切です。
優良店を選ぶためには、どんなポイントに注目をすれば良いかを簡単に説明していきましょう。

経営年数が長い

クレジットカード現金化業者の中でも、優良店といえるのは10年以上など長い経営実績を持つ業者です。

新規参入した業者は、湯量店ではないという訳ではありません。
新しくサービスを始めた業者の中に、老舗よりも良い条件で現金化ができる優良業者があるということは珍しくありません。
ただ、新規業者は利用者の口コミなどが少なく、本当に優良店かどうかの判断が難しいものです。
条件だけを見て手続きをすると、サイトに書かれている換金率通りの現金を受け取れなかったなどのトラブルに巻き込まれる可能性があります。
お金を騙し取ることを目的とした業者の場合は、商品の購入だけさせてそのまま行方をくらませてしまうこともあるでしょう。

こうした状況を避けるためには、しっかりとした実績のある業者を選ぶことが有効です。
利用者とトラブルを起こすなど問題のある営業をしている業者は、リピーターがつかずあっという間に潰れてしまうこともあるものです。
それに対し、利用者に対し真摯に向き合う優良店は、リピーターが付きやすく経営状態も安定しやすくなります。
さらに、快適に利用できる業者は口コミで良い噂が広まり、新規客も集まりやすい状態となるでしょう。
そのため、クレジットカード現金化業者の中でも優良店と言える業者を選びたいという場合は、まず営業年数に注目をしておくことがおすすめです。

運営元がハッキリしている

優良店の見分け方の一つが、会社情報の確認です。
ネット上で運営する業者の場合、特商法に基づく表示がある場所に運営会社の住所や代表者氏名・電話番号などの情報が記載されています。
業者によっては、会社情報や会社概要というページになっていることもあります。

ネット上で運営しているクレジットカード現金化業者の場合、手続きは全てWEB上で行えるようになっており、店舗に出向く必要はありません。
手続きの段階で電話の応対が必要となる業者も多くありますが、電話は業者側からかかってくることが殆どです。
そのため、通話料などを気にする必要はありません。

業者に出向く必要もなく、遠距離電話になるのではないかと不安を感じることもないのであれば、会社情報は確認しなくても良いのではないかと考える人もいるでしょう。
しかし、会社情報というのは怪しい点がないか確認したい時に役立つ情報となります。

優良店と程遠い存在となるのが、会社情報を掲載しない業者です。
運営会社名が書いてあるのみで、その他の情報が一切ないという業者は、やましい運営をしているため会社情報を出したくない業者の可能性があります。
どれだけ良い条件が書かれていても、運営会社の住所すらない業者は警戒をしておくことが賢明です。

住所と電話番号・メールアドレスなどがしっかりと書かれていたとしても、注意をしなければいけないのが違和感がある業者です。
住所と市外局番が合っていない、電話番号が携帯番号になっているなど違和感を感じる業者は利用を避けておく方が良いでしょう。
悪徳業者は、怪しまれたら簡単に撤退できるように固定電話を使わず携帯のみで運営を行う傾向にあります。
勿論、固定電話よりも携帯の方が便利という理由から、携帯電話を使った営業をしている業者もあるでしょう。
ただ、携帯番号の場合は書かれている所在地に業者が存在しなくても、問題なく営業できるため、住所自体も嘘の可能性が出てきます。
それだけに、本当に信用できる業者を選びたいのであれば、所在地住所や電話番号の確認から始めておくと良いでしょう。
口コミなどで良く目にする業者を利用する場合でも、自分の目で会社概要などの情報を確認しておくことがおすすめです。

換金率を教えてくれる

満足度の高い現金化を行うために重要となるのが、換金率です。
換金率は1%でも高い方が良いと考える人は少なくありませんが、99%や100%など高すぎる換金率は警戒しておく方が良いでしょう。

換金率によって生まれる差額は、業者の利益となるものです。
利益が出ない換金率だと、業者の経営が成り立ちません。
この場合、手数料など他の形で業者は利益を出していく形となるのですが、書かれている換金率と実際に手元に戻ってくる現金の割合の開きが大きくなればなるほど、残念な結果となってしまいます。
こうした状態を避けるために重要となるのが、実際の換金率の確認です。

クレジットカード現金化は、書かれている換金率から手数料などが差し引かれた金額が振り込まれる形が一般的です。
そのため、実際の換金率は書かれている率よりも10%から20%程度低くなると考えておくことがおすすめです。
優良店であっても、消費税やカード決済手数料など避けることができない手数料がかかってくることになります。
ただ、99%の換金率と書かれているのに、実際に振り込まれるのは購入額の50%程度など差が開き過ぎる業者は、騙すことを目的とした悪徳業者の可能性が高いものです。
利用者に優しい経営をしている優良店は、電話などで問い合わせをした時点で、実際の換金率や振り込まれる金額を教えて貰えることが殆どです。
質問を誤魔化す業者や、ハッキリとした金額を教えないまま手続きを迫る業者は、想像よりも少ない金額しか振り込んで貰えない可能性があります。
そのため、問い合わせをした時の対応が怪しい業者も避けておく方が良いでしょう。

余計なことを聞かない

クレジットカード現金化をする際に必要となるのが、身分証明書を使った本人確認です。
他人のカードを勝手に使うなどの不正行為がないように、手続きの際の本人確認は欠かせないものとなっています。
そのため、手続きを始める前には業者が求める身分証明書を手元に用意しておくと良いでしょう。

それに対し、注意をしておきたいのがクレジットカード番号とセキュリティコードを聞いてくる業者です。
優良業者と呼ばれる業者の中には、本人確認の一環としてカードの番号などを尋ねられることがあります。
これまでカード事故などのトラブルを起こしていない業者であれば、カード番号などの情報を悪用される心配はないでしょう。
ただ、営業を始めたばかりの業者や会社情報がハッキリしない業者の場合、悪用目的で個人情報を集めている可能性がないとは言い切れません。
特に、手続きに必要だからと様々な情報を根ほり葉ほり聞いてくるような業者は利用を避けておいて損がありません。
お金に困っているなど色々な情報を与えると、闇金を紹介されたり、怪しい業者からメールや電話が届くようになる可能性があります。
クレジットカード現金化のメリットは、必要最低限の情報のみで現金を手にできることです。
勤務先や年収、借金の有無などを聞かれることもありません。
優良店を選びたいのであれば、必要と思えない情報を聞き出そうとしない業者を選んでおくことがおすすめです。

口コミで評判が良い

もう一つ、優良店を選ぶためにしておきたいことが、口コミの確認です。
口コミの確認は、実際の換金率や最終的に手にできる金額を知りたい時、本当にすぐにお金を振り込んで貰えるかを確認したい時にも使える手段です。

そんな口コミを確認する際には、絶賛以外の声に目を向けておくと良いでしょう。
公式サイトに書かれている利用者の声は、業者にとって都合の良い意見が掲載されていることが多いものです。
誰でも書き込める掲示板でも、やたら絶賛する声が並んでいる場合サクラが紛れている可能性があります。
クレジットカード現金化は、優良店であっても書かれている換金率とは違うなど、多少残念な点が出てくることが多いものです。
実際の換金率はどうだったか、対応に問題はなかったかなど冷静な声を見れば、業者に対するイメージを掴みやすくなります。
絶賛でなくても、納得のいく現金化ができたという声が多く、騙されたなどの声を見かけない業者であれば、安心して利用できる優良店と考えておいて良いでしょう。

業者選びにこだわって納得のいくクレジットカード現金化を

クレジットカード現金化で重要となるのが、詐欺の心配がない優良店を探すことです。
営業年数や会社情報の確認、実際の換金率に関する情報収集など、少し手間がかかっても安心感が高い業者にこだわることで、満足度の高い現金化を行えるようになります。
優良店に出会うことができれば、今後様々な場面で力になって貰うことができるでしょう。